注目情報
present 2009始動
2009年度のpresentがスタートしました!みなさん、今年もよろしくお願いします。

presentとは?
みんなが隠し(?)持っている作品を通して、お互いを知るきっかけを作っていく場を提供するイベント


presentメール
開催日やテーマなどをメールにて配信しています。利用したい方は空メールを一度送ってください。
presen_present@hotmail.com


スタッフ

M2
横山雄樹
波々伯部佳子

M1
熊添裕理
高田幸子
藤谷俊平
森友佑

4年生
安藤晴之
田上雅彦
山田賢祐


OB
相原祥子
赤松祐次郎
秋田直繁
秋本裕史
秋山公子
阿部泰久
井口 匠
大島彩
大野智史
下村萌
高比良佑子
寺田千春
中野麻衣
柳楽瑛美
久野範子
平野由記
福丸諒
松野岳
諸熊亮
横山 盟

黒川慎吾


連絡先
presen_present@hotmail.com
(諸熊 亮)




リンク

KID'S KIDS
芸工大&九大芸術工学部コミュニケーションポータルサイト
カテゴリ
全体
お知らせ
プレゼンター
レポート
 
その他の情報
最新のトラックバック
ギリ3人です(笑)
from ディック橋本
今からドキドキしてるんで..
from しっかり者
ふぁいふぁいふぁーい!!!!
from 池ちゃん
しょしあおしょししああし..
from ヴぁなる
あちゃ!おちゃ!うりゃ!
from 軍曹様
ワタシハ神ダ
from 男神
精 液ぬらあああぁぁwww
from れでぃー
やらねー奴バカだろ(^^;
from ぎゃんちゅ
3人ひゃほい!!!
from 逆なん
ロリすぐるーーーー!!!!
from せい氏
以前の記事
2009年 06月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 06月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2006年 06月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



presentメールQRコード

presen_present@hotmail.com
<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2005年 08月 12日
Weekly Report Vol.9 イタリアからのレポート

プレゼントスタッフの下村萌です。

私は昨年の10月から一年間、イタリアのミラノ工科大学に留学していました。
今回のWeekly Report Vol.9は、ミラノ工科大学について紹介します。

この大学は、デザインのコースがファッション、プロダクト、コミュニケーション、インテリアに分かれています。建築は別の学科になっていますが、同じキャンパスです。
前期と後期の終わりが近づくと、校舎のあちらこちらで展示会が行われます。
私のとっていたコースも展示会をしました。そのときの最終課題はTシャツを作るというものでした。

展示会のやり方は、芸工大とは違って、工房の人が装置や展示ボードだとか映像なんかまで用意してくれます。完成度はとても高いです。
展示会の前にみんな自分の作ったTシャツを来て工房に入ります。10人ずつくらいのグループになって寝ころがり、4、5メートル上空から写真を撮ってもらい、この時の写真が展示会の壁に貼られました。50枚くらいのみんなが使ったTシャツが天井からつり下げられ、Tシャツと一緒にブックレットも吊り下げました。

写真がないので、伝わりにくいので、帰ってから写真アップします。

それから、これはイタリアならではだと思うのですが、こういった展示会や人が集まるイベントの時には、必ず食べ物と飲み物(もちろんアルコールも)が用意されます。校舎なんかで学期末になるとあちこちで展示会のオープニングパーティが開かれます。 家族や学校外からの人もたくさん来て、学生だけではなく先生も来てみんなでおしゃべりしながら軽く食べ物をつまみ、作品を見て回ります。このようなオープンな展示が校舎のどの階でも行われているので、多学科の作品も気軽に見る事が出来ます。入り口も受付もなく、校舎の階段や廊下などのスペースをうまく使って展示されています。大きな作品になると、キャンプ用のテントだとか、レストランの1/1モデルなんかも置かれています。

学生は作品作りに集中して、その後の公開するお仕事は工房の人がやってくれるという分業のシステムがきっちりなされているのも、イタリアらしいところですね。

私は先月ミラノ工科大学を卒業して、今はヨーロッッパを旅行中です。帰ったらまた色んな話をしたいなと思ってます。

それではciao ciao☆

スタッフ下村萌
[PR]
by presen_present | 2005-08-12 14:41
2005年 08月 09日
お知らせ02「チョロQ試乗会」

■お知らせ02
::::::::::::::::::::
今週の土曜日ですが、唐津の高橋泉さんという建築家の方が福岡にソフトカーというチョロQのキャラバン隊を連れてくるらしく、試乗会が行われます。本当は、速度制限の装置を付けた自動車の普及ということなのですが、チョロQに乗ってみたい人でもOKらしいです。
参加できる方はこちらのコメント欄にお返事ください。


・一ツ橋大学訪問の様子
http://blog.livedoor.jp/oguriyukio/archives/25701327.html
・柏第6小学校訪問の様子
http://blog.livedoor.jp/oguriyukio/archives/28095183.html


   記
日 時 :2005年8月13日(土)13:00 集合
集合場所:福岡市早良区百道浜の福岡市総合図書館前(福岡市博物館との間)
内 容 :ソフトカーの試乗(百道浜界隈)
     懇親会(小栗先生らと近くのレストランで)

※8/25、19:00〜:日本キチ学会の話(於:筥崎公会堂)
 9/1、19:00〜:ソウル清渓川の話(於:筥崎公会堂)
 こちらもぜひご参加ください。

■高橋 泉 プロフィール
1956年 愛媛県今治市生まれ 
1979年 (株)浪速設計事務所入社
1983年 一級建築士資格取得
1987年 高橋建築設計事務所設立
1990年 インテリアプランナー資格取得
1993年 (有)高橋泉建築研究所設立
2000年 今治市都市景観建築賞受賞
住宅・店舗ほか、病院・事務所・官公庁物件と幅広く手がける。





以上、お知らせ02でした。
赤松祐次郎
[PR]
by presen_present | 2005-08-09 12:19 | お知らせ
2005年 08月 09日
お知らせ01「まちづくりのディテール」

こんにちわ、赤松祐次郎です。
環境デザイン機構の方からお誘いがありましたので是非学生の皆様にということで二つほどお誘い事があります。
是非興味のある方はご参加下さい。


■お知らせ01
::::::::::::::::::::
やわらかい都市づくり研究会

バブル崩壊後、「ハードからソフトへ」といわれ続けてすでに10年以上が経過してます。この間、各地で注目すべきまちづくりのソフトは誕生していますが、それが面として展開した例はなく、いまだに「ハード誘導のためのお飾りソフト」が横行しています。そこから脱却し、真の「やわらかい都市づくり」を行っていくためには、10年後に中心的存在となり得る、やわらかい頭を持つ人づくりとそれを支える確かな技術の再構築が急務であると考えます。現在の30代は、大学卒業直後あるいはそれ以前にバブルが崩壊し、社会的な保障が何も約束されない中ではじめから次世代への責任を負っている世代です。
この勉強会は今後の都市づくりを担う20〜30代を中心とした若手同士による、都市づくりの具体的な技術や実践を中心とした勉強会、およびお見合い(志を同じくするもの同士あるいは単に独身男女)の場です。


シリーズテーマ『まちづくりのディテール』(とりあえず4回)

場 所:筥崎公会堂
JR箱崎駅より徒歩1分 地下鉄箱崎宮前駅より徒歩7分西日本銀行箱崎支店正面
福岡市東区箱崎1丁目29番24?101号 TEL092?633?6862
時 間:午後7時〜9時
参加費:1回3000円程度(飲食費含む)
主 催:NPO法人デザイン都市プロジェクト

第1回 8月25日(木)
テーマ『都市のスキマを遊ぶ〜日本キチ学会の活動〜』
講師:おがたたかひろ氏(日本キチ学会、建築家)
(速報)ソウル最新事情

2回目以降のテーマ予定(未定)
第2回 『学校と社会をつなぐ〜ASAPの活動〜』
第3回 『地域の表現力をつける〜灯明を使った一連の活動〜』
第4回 『プロセスを共有する〜ビデオ映像とまちづくり〜』

事務局:岡大輔(環境デザイン機構)



以上、お知らせ01でした。
赤松祐次郎
[PR]
by presen_present | 2005-08-09 12:18 | お知らせ
2005年 08月 05日
vol.8無事に終えることが出来ました!

b0054040_3555046.jpg

8月3日ご来場の皆様は誠にありがとうございました!
非常に濃い内容のプレゼントを行うことが出来たと思っています。

 佐伯氏によるワークショップも短時間で楽しく素早く仕上げることができて本当に良かったです。
それぞれが心の中に「橋の向こう側の会いたい人」への想いを描き、
そして心の中に少しでも「ワークショップを通しての思い出」を刻んで頂けたのではないでしょうか。
 また上浦氏による就職活動体験談と、プロへの情熱のプレゼンテーションを聞くことで、それぞれが改めて自分のデザインスタンスを見つめ直す機会になったのではないでしょうか。
 曲がりながら司会を務めさせて頂きました僕ですが、今回のプレゼンテーションを聞いて、自分のデザインというキャンバスにお二方の奨める新たな色を混ぜ合わせることが出来たと思っています。


それでは、自分の感想になってしまいましたが、vol.8開催終了の報告と感謝の気持ちとさせて頂きます。


また、夏のウィークリーレポートも始めますし、次回vol.9の方もスタッフ一同考えていこうと思っています。
月に2.3度の情報配信も行っていますのでご利用の方は以下のメールアドレスに空メールで構いませんので一度送って下さい。情報提供をさせて頂きます。
presen_present@hotmail.com



それでは、次回もお楽しみに!

赤松祐次郎
[PR]
by presen_present | 2005-08-05 04:01